シュマルツについて

真空パッド、真空発生器などの真空機器、真空グリッパー、真空クランプを生産し、各国の生産現場に出荷
真空パッド、真空発生器などの真空機器、真空グリッパー、真空クランプを生産し、各国の生産現場に出荷

1910年、ドイツ南部のグラッテンで創業したシュマルツは、時代の流れに合わせた製品を製造してきました。

クルト・シュマルツ博士とウォルフガング・シュマルツの兄弟2人が3代目として会社を経営していた1984年、真空機器の生産が始まりました。兄弟は協力し合ってシュマルツを自動化搬送およびクランプ用途の真空技術の世界的リーディングサプライヤとして発展させました。

2002年、アジア初の現地法人として、日本にシュマルツ株式会社を設立しました。

100年以上の蓄積された技術力や経験を以て、世界中の工場で日々シュマルツ製品は生産現場を支えています。

会社名:

J. Schmalz GmbH (シュマルツ ドイツ工場)

住所:

 ドイツ、グラッテン

ホームページ:                   
       
www.schmalz.com

メール:

schmalz@schmalz.de

代表: 

クルト・シュマルツ
アンドレアス・ボイテル
ヒンリヒ・ドアーマン

 

創業年:

1910年 (明治43年)

資本金:

100万ユーロ

従業員:

1,500名以上 (ドイツ国内 1000名)

主要株主:

クルト・シュマルツ、ウォルフガング・シュマルツ 

シュマルツ株式会社(日本法人 Schmalz K.K.)の会社概要 

海外のシュマルツ現地法人への連絡先