【 新製品 】ホース抵抗フリーで吸着不良の発生を防止!スプリングプランジャーFSTImc

スプリングプランジャーFSTImc
スプリングプランジャーFSTImc
ホース抵抗が原因となる吸着不良の発生を防止
ホース抵抗が原因となる吸着不良の発生を防止
シュマルツは、ホースの抵抗によるスプリングの動作不良発生を防止し、生産性向上を実現する新製品 スプリングプランジャー FSTImc をラインアップ致しました。

  
 

主な特長:
 
① シャフトの可動部と配管部が連動しないため、ホース抵抗によるスプリングの動作不良・吸着不良を防止
 
② ホースの抵抗や間接部品のこすれによる発塵を抑制コンタミ対策にも有効
 
③ 導電性のためESD対策に最適
 
④ アルミフレームに直接取り付け可能なPタイプをラインアップ、組立の手間や間接部品数を削

 

 

 

スプリングプランジャーは、ワークの高低差のカバーや繊細なワークにアプローチする際の緩衝のために使用されています。従来、一般的なスプリングプランジャーの構造では、シャフトの可動部にホースが接続されていることが多く、スプリングの伸縮とともにホースが動いてしまったり、ホースの引っ掛かりや抵抗によりスプリングが正しく動作せず、吸着不良が起きてしまう場合がありました。

 
そこでシュマルツは、配管部とプランジャーの可動部が互いに影響しない新しいスプリングプランジャー FSTImcをリリース致しました。
 

スプリングプランジャー FSTImc は、パッドにつながる可動部分とエア配管が連動しないデザインのため、ホース抵抗が原因のスプリングの動作不良による吸着不良を防止します。ホースが振り回されたり、ホース抵抗により引っ掛かることによる発塵を抑制し、コンタミ対策にもなるため品質向上にも寄与します。また、導電性のためESD(静電気放電)対策にも適しています。
 
ブラケットに取付が可能なSタイプと、アルミフレームなどへ直接取り付けることが可能なPタイプをラインアップしています。Pタイプでは、アルミフレームを真空回路として使用することで、ハンド部分を完全にホースフリーにすることも可能です。ホースや継手などの間接部品コストや組み立ての手間を削減することができます。
 
FSTImcは小型・軽量で非常に柔らかいスプリングを使用しており、スプリングが内部に収められた構造のため、特に繊細なワークを扱う工程や、クリーンな環境が求められる工程に適しています。プリント基板の検査工程への投入・取り出しやディスプレイガラスの搬送、バッテリーセルの積層工程など、特に繊細な扱いと素早く確実な搬送が求められる工程に適しています。

 
製品ページにて、より詳しい製品仕様をご案内しております。
製品案内動画も公開しておりますので、ぜひご覧ください。
スプリングプランジャー FSTImc | 製品情報