【 新製品 】自由度の高い設計と容易な組み立てを実現したツーリングシステム SXT

組立が容易で高い拡張性を備えたモジュール式ツーリングシステム SXT
組立が容易で高い拡張性を備えたモジュール式ツーリングシステム SXT
約150種のパーツを組み合わせて自在に設計可能
約150種のパーツを組み合わせて自在に設計可能
複雑な形状のワークにも対応
複雑な形状のワークにも対応
シュマルツ株式会社は、モジュール式で容易かつ自在に設計・調整が可能なツーリングシステム 「SXT」 を発売いたしました。

 

主な特長:
 
① 約150種のパーツからなるモジュール式ツーリングシステム
 
② パーツを組み合わせることで複雑な形状のワークに対応したハンドを自在・容易に設計可能
 
③ 調整・分解が容易で再利用が可能。ハンドの設計、製作コストを削減
 
④ アルミ製で軽量かつ高耐久、ロボットへの負荷を軽減しタクトアップへ貢献

 

自動車部品などの成形された部品は複雑な形状であることが多く、専用ハンドの設計は非常に複雑で高コストです。従来の搬送ハンドは搬送ワークに対し一品一様に設計、さらに溶接などで完全に固定される場合が多く、ワークやアプリケーションが変更されるごとに1からハンドを作り直す必要があります。
また、複雑で重すぎるハンドはロボットに負担をかけるため、自動化によるタクトアップを目指していても十分に達成できない可能性があります。
 

 

 

そこで、シュマルツはモジュール式のツーリングシステム 「SXT」 を開発いたしました。
SXTは約150種類のパーツからなるツーリングシステムです。パイプやクランプ、真空パッド用のホルダーなどを組みあわせ、アプリケーションに合わせた最適な形状のハンドを、自在に作製することができます。パーツ同士はボルト留めで連結されるため、専用の工具などは必要なく、組み立てや改造も容易に行うことができます。
またモジュール式のため、品種変更が行われた際にも簡単にハンドの調整が可能です。容易に分解、再利用することが可能なため、テストやトライ用のハンドとしても気軽にご使用いただけます。パーツごとに管理することで、保管や保守部品の管理も省スペースで行うことが可能です。
 
パーツには軽量かつ高耐久の6000系アルミを使用し、ハンドの軽量化を実現します。ロボットへの負荷を軽減し、高速かつ安定した搬送を実現、タクトアップに寄与します。
 
シュマルツが提供する真空パッドや真空発生器に対応したホルダーもラインアップしているので、従来品を使用している方はもちろん、新たに導入を検討している方にはロボットフランジから真空パッドまでのシステムをまとめて提供可能です。
 
プレス機への鋼板投入や工程間搬送、成型後の取り出し・積層工程のほか、ボディショップや組立ラインでの高速搬送にも最適です。
 
 
より詳しい製品の情報はこちら
モジュール式ツーリングシステム SXT

 
7月7日(火)に、SXTの特長や優位点をご紹介するオンラインセミナーを開催いたします。
実際の組立動画もご覧いただけます。ぜひご参加ください。
セミナーに関するご案内はこちら