【 新製品 】オンラインで使用可能な専用設計システムを公開!たった6ステップで誰でも、簡単にハンドを設計可能

コンフィギュレータを使用して、だれでも簡単に設計が可能
コンフィギュレータを使用して、だれでも簡単に設計が可能
ワークやアプリケーションに最適なロボットハンドを容易に設計可能「オーダーメイド式軽量ハンド SLG」
ワークやアプリケーションに最適なロボットハンドを容易に設計可能「オーダーメイド式軽量ハンド SLG」
あらゆる形状のハンドを容易に作成
あらゆる形状のハンドを容易に作成
シュマルツ株式会社は、簡単操作で素早く容易に設計可能なロボットハンド「オーダーメイド式軽量ハンド SLG」の専用コンフィギュレータ(設計システム)をリリースいたしました。

 

  

【SLG専用コンフィギュレータ(設計システム)の特長】
 
① 特別なソフトやデータのインストールが不要!オンラインで、誰でも、いつでも使用可能
 
② コンフィギュレータに従って必要情報を入力するだけで最適なハンドの設計が完了するため、 初心者でも簡単に設計が可能。また設計の手間やコストを大幅に削減
 
③ ワーク情報をCADデータから取り込むことができ、複雑な形状のワークにも対応

  

生産環境の自動化・省人化が進む中で、ロボットのユーザーは個々のハンドリングタスクに最適なハンドを設計するために膨大な時間とコストを消費しています。この設計と組立の手間を解消すべく、シュマルツは2019年12月にオーダーメイド式軽量ハンドSLGを発表いたしました。そしてこの度、シュマルツの真空ノウハウをもとにしたSLGの専用コンフィギュレータ(設計システム)を公開いたしました。

 

 
SLG専用コンフィギュレータはオンライン上でアクセスすることができ、ユーザーはいつでもどこでも設計を開始できます。表示される案内に従い、「ワークのサイズ・重量」「搬送方向・加速度」「真空発生器の有無」「接続するロボットの種類」を入力することで、最適なロボットハンドを自動で生成します。また、ワーク情報はCADデータを用いて読み込ませることもできるため、複雑な形状のハンドも容易に設計可能です。使用する真空パッドは入力した情報から自動で選定されます。真空パッドの位置や数、材質は後から任意で変更することも可能です。
 
すべての工程が完了すると、設計したハンドのデザインデータやテクニカルデータを確認でき、そのまま見積もりを依頼することが可能です。
 

SLG専用コンフィギュレータを使用することで、ユーザーは必要な時にすぐ設計を開始し、複雑な計算や細かな選定の手間なく、最適な真空ロボットハンドを入手・使用することができます。最適なハンド形状や真空パッドを自動で選定するので、真空システムやロボットハンドの設計経験の少ない方でも手軽に使用いただけます。

下記ページにて、コンフィギュレーターのより詳しい使用方法をご案内しております。
ぜひご覧ください。
SLGコンフィギュレータ


コンフィギュレーターを使用した設計方法や、オーダーメイド式軽量ロボットハンド SLG の特長をご案内するオンラインセミナーを開催いたします。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
シュマルツオンラインセミナーのご案内