スチールプレート向け真空クランプシステム IS

マシンテーブル向け真空クランプシステム IS
マシンテーブル向け真空クランプシステム IS

真空クランプシステム ISシリーズは、既存のマシンテーブルにスチールプレート、真空回路用グリッドプレート、真空クランプカップを組合わせる事によって、多様な形状の加工を可能にする吸着固定システムです。

スチールプレートには多数の真空口があり、ワークを保持したい位置に真空クランプカップを配置し、不要な真空口を塞ぐ事によって、フレキシブルかつ迅速にオリジナルの治具として機能します。個々のワークに合わせて製作する必要のあった治具が不要となり、真空クランプカップの取り替えも容易なため、立ち上げ時間を大幅に削減する事が可能です。

既にグリッドテーブルをお持ちの場合、直接スチールプレートを取付ける事ができます。

真空クランプシステム ISシリーズの特長 [PDF] 3 MB

マグネットプラグ式真空クランプシステム ISST

マグネットプラグ式真空クランプシステム ISST
マグネットプラグ式 ISST

不要となる真空口をプラグで塞ぐタイプの真空クランプシステムです。吸着したい箇所に真空クランプカップを配置し、ワークに最適な範囲を保持する事が可能です。

真空クランプカップは吸着部であるカップ部分と、カップを支えるベースを組み付けて使用します。高さ調整用リングを挟む事によって、吸着位置の高さも変更する事ができます。

マグネットプラグ式真空クランプシステム ISST [PDF] 1.2 MB

マグネットバルブ式真空クランプシステム ISST-T

マグネットバルブ式真空クランプシステム ISST-T
マグネットバルブ式 ISST-T

真空口にマグネットバルブを統合したスチールプレートによる真空クランプシステムです。真空クランプカップを配置した真空口のみ自動で真空回路が開くため、ワークを変更する度に真空口を塞ぎ直す必要がなく、更に迅速な吸着エリアの最適化を実現します。

スチールプレート上に配置する真空クランプカップは、吸着部であるカップ部分と、カップを支えるベースを組み付けて使用します。高さ調整用リングを挟む事によって、吸着位置の高さも変更する事ができます。

マグネットバルブ式真空クランプシステム ISST-T [PDF] 1.1 MB

※スチールプレートによって真空口の開閉方法が異なるため、マグネットプラグ式とは対応する真空カップベースも異なります。

マグネットバルブ式スチールプレート向け真空ブロック ISBL-T

マグネットバルブ式スチールプレート向け真空ブロック ISBL-T
真空ブロック ISBL-T

真空口にマグネットバルブを統合したスチールプレート ISST-Tに対応可能な吸着用ブロックです。ISST-T用の真空クランプカップと同様に、ワークを保持したい箇所にあるバルブ上に置く事によって、自動で真空回路が開き、吸着する事ができます。

真空クランプブロックは吸着部のゴムプレートと高さのある本体が一体化しているため、より高い精度での固定が可能です。

マグネットバルブ式プレート向け真空ブロック ISBL-T [PDF] 465 KB

オンラインショップ 2