エンドエフェクタ構成パーツ

モジュール式ロボットハンド VEEシリーズは、真空接続口となるフランジベース、ハンド全体の大きさに関係するベースカバー、各種吸着パッド等、複数のパーツを使用して作ります。

各パーツの寸法を掲載した専用のカタログをご用意しています。お気軽にお問い合わせください。

エンドエフェクタ VEEシリーズのカタログ請求

ロボットフランジ FLAN-PL

ロボットフランジ FLAN-PL
ロボットフランジ FLAN-PL

ロボットとの接続に便利なフランジです。日本国内外の様々なメーカーのパラレルリンクロボットやスカラーロボットに対応しています。

エンドエフェクタ VEE、ウェハーグリッパー SWGm、ディスプレイガラス用グリッパー STTGに取付ける事ができます。

カタログ [PDF] 502 KB | CAD 2

フランジベース VEE-QCM

標準フランジベース VEE-QCM
標準フランジベース VEE-QCM
ロータリーユニット付き VEE-RU
ロータリーユニット付き VEE-RU
延長用フランジベース VEE-FE
延長用フランジベース VEE-FE
真空発生器付フランジベース QCMV
真空発生器付フランジベース QCMV

真空エアを接続するためのパーツです。標準仕様の他、ホースの絡まりを防止するロータリーユニット付きタイプや、真空発生器一体型のタイプもラインアップしています。

 

標準フランジベース VEE-QCM:
標準的なフランジベースです。垂直方向1タイプ、水平方向2タイプの計3種類から選択できます。

 

ロータリーユニット付きフランジベース VEE-RU:
ロータリー式のフランジベースです。搬送時の動きに合わせて軸が回転し、ホースの絡まりを防ぎます。

 

延長用フランジベース VEE-FE:
箱詰めなど、ワークとの距離が長いアプリケーションに適したフランジベースです。長さは3サイズから選ぶ事ができます。

 

真空発生器付きフランジベース VEE-QCMV:
真空発生器が一体化したフランジベースです。別途真空発生器を用意する必要がなく、圧縮エアを接続するだけで吸着する事ができます。ワークに合わせ、真空圧重視タイプと吸込み量重視タイプから選択する事が可能です。

・HV(真空圧重視)タイプ(0.4 MPa供給時)
 最大真空圧:-85 kPa、最大吸込み量:42 L/min

・HF(吸込み量重視)タイプ(0.4 MPa供給時)
 最大真空圧:-61 kPa、最大吸込み量:175 L/min 

ベースカバー VEE-QCF

ベースカバー VEE-QCF
ベースカバー VEE-QCF

エンドエフェクタのデザインを決定するパーツです。ベースカバーを基点として、接続カバーやパイプを繋げ、ワークに最適なサイズ・デザインのハンドを構築します。

直接取付可能な接続カバー数: 1個、2個、4個
接続可能なパイプ数:       4箇所、6箇所、8箇所

接続カバー VEE-CO / パイプ VEE-TU / プラグ VEE-PL

接続カバー上部 VEE-CO-U
接続カバー上部 VEE-CO-U
接続カバー下部 VEE-CO-L
接続カバー下部 VEE-CO-L
接続パイプ VEE-TU
接続パイプ VEE-TU
プラグ VEE-PL
プラグ VEE-PL

ベースカバーと吸着パッドを繋ぎ、エンドエフェクタのメインボディを構成するパーツです。接続カバー下部に吸着パッドを接続します。パイプを接続カバーの側面に取付ける事によって、ハンドのデザイン・サイズを変更する事もできます。

接続カバー下部の形状:
 ・平行1/8メネジ
 ・平行1/4メネジ
 ・平行3/8メネジ
 ・ネジ穴なし

吸着パッド

袋向けパッド SPB4 / SPB4f
袋向けパッド SPB4 / SPB4f
耐摩耗パッド SPx-ED
耐摩耗パッド SPx-ED
フィルム向けパッド SGP
フィルム向けパッド SGP
食品対応パッド SI
食品対応パッド SI

モジュール式のため、個々のアプリケーションに最適なパッドを使用してハンドを構築する事ができます。シュマルツでは、食品向け、袋向け、フィルム向け等、様々なワークに適した多彩な吸着パッドをご用意しています。

各パッドの写真をクリックすると該当するパッドのページにジャンプします。エンドエフェクタ VEEでは、左記以外の吸着パッドも取付ける事が可能です。