汎用真空グリッパー FXP/FMP

汎用真空グリッパー FXP/FMP

汎用真空グリッパー FXP/FMPシリーズは、吸着面にスポンジや吸着パッドを使用した大型のロボットハンドです。

真空パッドでは吸着が困難な隙間のあるワークや位置が定まっていないワーク、様々なサイズのワークの一括搬送等に非常に有効です。プレス間搬送ロボットやパレタイジングロボット等の産業用ロボットに取付けて使用します。 

真空グリッパーの構成は、真空発生器の有無や吸着面のタイプ、グリッパーサイズ、バルブタイプ等、個々のアプリケーションに応じて最適な仕様を選択する事が可能です。

真空発生器一体型 / 外付け型

真空発生器一体型グリッパー FXP
真空発生器一体型グリッパー FXP
真空発生器外付け型グリッパー FMP
真空発生器外付け型グリッパー FMP

真空グリッパーシリーズでは、真空発生器の有無を選択する事ができます。

真空発生器一体型 FXPシリーズ:

吸込み量の多い多段式エジェクタが一体化したグリッパーです。あらかじめ真空発生器を搭載しているため、圧縮エアを接続するだけで使用することができます。吸着と真空破壊のオン/オフを切り替える電磁弁付きのグリッパーもラインアップしています。

真空発生器外付け型 FMPシリーズ:

真空ポンプや真空ブロアなどから真空エアを供給して使用します。既に真空発生器をお持ちの場合や、より吸込み量が必要となるアプリケーション等に適しています。

グリッパーの吸着面

スポンジもしくはパッドの吸着面
スポンジもしくはパッドの吸着面
パッド付きFXPによるシュリンク包装品の搬送
パッド付きFXPによるシュリンク包装品の搬送

様々なワークに対応するため、スポンジタイプと吸着パッドタイプをラインアップしています。

スポンジタイプ:
柔軟性が高いスポンジを使用しているため、ワークの曲面や凹凸にフィットします。鉄板や樹脂成型品、木材など硬いワークに適しています。機器内への埃の侵入を抑制するフィルター付きもラインアップしています。

吸着パッドタイプ:
多数のベローズパッドが配置されたタイプです。スポンジでは追従しきれない曲面や、柔らかい段ボール、シュリンク包装されたワーク、袋製品など、より高さ補正が必要とされるアプリケーションに有効です。パッドは、FDA規格に準拠しているシリコーンゴム製、吸着跡を残しにくいマークレスゴム製などをラインアップしています。

グリッパーサイズ

様々なサイズをラインアップ
様々なサイズをラインアップ

ワークの大きさや形状に合わせて、6種類のグリッパーサイズをご用意しています。

グリッパーサイズ:
・280 x130 mm  ・442 x 130 mm  ・640 x 130 mm
・838 x 130 mm  ・1234 x 130 mm ・1432 x 130 mm

バルブタイプ

吸込み口からのエアリークを抑制
吸込み口からのエアリークを抑制
吸着していない吸込み口があっても搬送可能
吸着していない吸込み口があっても搬送可能

真空グリッパーには様々な形状のワークや複数口のワークを一括で搬送するためのバルブが組み込まれています。バルブは、チェックバルブとスロットルバルブの2種類からアプリケーションに応じて選択します。

チェックバルブタイプ:
内蔵したボールがワークに覆われていない吸込み口を塞ぐ事によって、エアリークを防ぎます。より速く確実に吸込み口を開閉でき、サイクルタイムを短縮します。

スロットルバルブタイプ:
バルブフィルムによって流量を絞り、エアリークを制限します。あらゆる角度で搬送が可能なため、旋回操作や高加速度を伴うアプリケーションに適しています。

 

※仕様の詳細につきましては、パンフレットをご覧ください。

真空グリッパー FXP/FMPのカタログ請求