協働ロボット

協働ロボットの開発が進み、様々な用途に対応したロボットを展示会やメディアを通して目にするようになりました。ロボットがより身近な存在となりその認知度も高まりつつあります。

これまで80W以上のロボットについては、人のスペースとの隔離、安全柵が必要でしたが、2013年12月の国内規制緩和に伴い、ISOの定める基準をクリアすれば、80W以上の産業ロボットでも人と同じスペースで作業することができるようになりました。
従来の産業ロボットと異なり、協働ロボットには主に下記の特徴が挙げられます。さらにそのデザインも、より私たちに親しみやすいロボットが多く登場しており、ロボットのイメージが変わりつつあるといえます。

 

【協働ロボットの特徴】

① 安全柵が不要なため、ロボットの導入が容易

② 産業用ロボットに比べて軽量かつ小型であり、設置スペースを確保しやすい

③ 可搬重量が小さい

■活躍分野

安全柵が不要なため、ロボット導入の為にラインを変更する必要がありません。これまで手作業でしか行うことができなかった現場、例えば飲食・化粧品業界においての人とロボットの協働作業、もしくはロボットに任せるという選択肢が生まれています。

また、設置から稼働までを短期間かつ低コストで実現できるため、今までコスト面などで導入のハードルが高かった中小企業で導入される可能性が高まります。ロボットの力が加われば、製品の生産性向上が期待できます。協働ロボットは人に接触した場合に動作を停止する機能も備えており、人とロボットが肩を並べて作業できる環境を容易に実現します。

■協働ロボット対応製品

シュマルツでは、需要が高まりつつある協働ロボットや自走式ロボットに対応した、真空発生器やロボットハンドを開発しています。

コボットポンプ ECBPi

コボットポンプ ECBPi
コボットポンプ ECBPi
エアレスかつホースレスのため協働ロボットや自走式ロボットに最適
エアレスかつホースレスのため協働ロボットや自走式ロボットに最適

人との協働作業や自動倉庫内の走行に際し課題となる、圧縮エア用ホースの取り回し問題を解決します。

 

■ ホース不要・軽量・コンパクト
電気式真空ポンプのため圧縮エアやホースが不要で、ホースの配置を気にせずに作業を行うことができます。また、軽量かつコンパクトな設計のため、スペースやロボットへの重量負担を軽減します。


■ NFC(近距離無線通信)対応
機器の詳細情報をスマートフォンで確認することができ、ホースレスに加え、ペーパレスでスマートに作業効率を向上させることができます。


■ IO-Link通信対応
多様なフィールドバスへの乗り入れが可能で、離れた場所でのモニタリングやエラーの確認、設定変更などを行えます。

コボットポンプ ECBPi の製品情報

真空グリッパー FXCB/FMCB

真空グリッパー FXCB/FMCB
真空グリッパー FXCB/FMCB
協働ロボット向けデザイン&汎用性の高いグリッパー
協働ロボット向けデザイン&汎用性の高いグリッパー
複数ワークの一括搬送も可能
複数ワークの一括搬送も可能

協働作業時の安全性と、高い汎用性による利便性を兼ね備えたロボットハンド(エンドエフェクタ)です。

 

■ 安全性を高いデザイン
樹脂製の丸みを帯びた外観デザインのため、万が一作業者と接触した際の衝撃を緩和します。産業用協働ロボットの安全上の規格である「ISO/TS 15066」に準拠しています。

 


■ 幅広いワークに対応
内蔵しているバルブシステムによって、吸着面全てが覆われていない状態でも吸着搬送が可能なため、様々な形状のワークや複数ワークの一括搬送が可能です。

また、吸着面全体がスポンジになっているため、曲面などにも追従する事ができます。


■ 離れた場所からの状態監視
多様なフィールドバスへの乗り入れが可能なIO-Linkに対応した真空スイッチを標準搭載し、離れた場所でのモニタリングやエラーの確認、設定変更などを行えます。モニタリング結果を元に、予知保全も可能です。

真空グリッパー FXCB/FMCBの製品情報