ESD(静電気)対策

ESD対策が求められる背景

基板の搬送工程における放電
基板の搬送工程における放電
実装工程における放電
実装工程における放電

製造途中にある製品は、コンベアや吸着パッドなどに触れるだけで帯電します。
この帯電した電気を 静電気 と呼びます。

静電気はより電気抵抗値の低い方向に放電されます。
通常、静電気放電は非常に早く、制御することができません。

近年、スマートフォンの高性能化や生産の増加に伴い、ESD対策の要求は加速度的に増加しています。
これはスマートフォンに内蔵される電子部品の小型化が進み、ほんのわずかな静電気放電によっても破損しやすくなっていることが原因です。

ESD対策に適した電気抵抗値

これまでに静電気対策として用意されていた導電性ゴムは、電気抵抗値が低すぎるため静電気放電をコントロールできません。

搬送時に静電気を穏やかかつ短時間で取り除くことができる電気抵抗値として105Ω~109Ωが最適とされ、この性質を静電気拡散性と呼びます。

 

電気抵抗値の違いと電気の流れ
電気抵抗値の違いと電気の流れ

適切なESD対策製品の設置

アースまでの電気的な接続がなく適切な除電ができない
アースまでの電気的な接続がなく適切な除電ができない
アースまで接続されることで適切に除電が行われる
アースまで接続されることで適切に除電が行われる

ESD対策品によりおだやかに除電された静電気は、
導電性のスプリングプランジャ―や取付け部品等を介して適切に逃がす必要があります。
この対策が不十分だと適切な除電ができず、
ワークが帯電したままになってしまうことがあります。

 

【除電が適切にできない例】
・取付け部品に電気的な接続がない
・バッファ用のスプリングが絶縁仕様
・過剰なシーリング材等により、電気的な接続が切断されている
 

ESD対策は、静電気拡散性と導電性をもつ物質を適切に組み合わせることで初めて実現します。
  

ESD 対策対応製品

シュマルツではESD 対策としてご使用いただける製品をラインナップしています。
静電気拡散性の製品と導電性の製品を適切に組み合わせて使用することで、ESD対策を実現することができます。

なかでも、ESD 対策パッドはドイツの生産技術・オートメーション研究所 " フラウンホーファーIPA ” に電気抵抗値の検査を依頼し、認定された製品をご提供しています。

■静電気拡散性 製品

静電気拡散性素材 NBR-ESD
静電気拡散性素材 NBR-ESD

静電気拡散性素材 NBR-ESD

汎用真空パッド(平形) :QN/Q
サイズ:Ø 1~30 mm
 
汎用1.5段ベローズ真空パッド :FSGA/FGA
サイズ:Ø 4~33 mm
 
汎用2.5段ベローズパッド :FSG/FG
サイズ:Ø 3~32 mm

■導電性 製品

小型スプリングプランジャー FSTIm
小型スプリングプランジャー FSTIm
スプリングプランジャー FSTE
スプリングプランジャー FSTE
アルミフレーム
アルミフレーム
取付用ブラケット
取付用ブラケット

FSTIm-CON
低反発かつ導電性の小型スプリングプランジャー
スプリングプランジャー FSTIm

 

FSTE
幅広いネジ接続とストロークをラインアップしたスプリングプランジャー
スプリングプランジャー FSTE

 

・各種マウントエレメント
真空回路として使える、導電性のアルミフレームや各種取り付け用ブラケット
アルミフレーム
ブラケット