真空バルブ

真空バルブ
真空バルブ

真空バルブは真空流量と圧縮エアを制御するために使用され、真空システムを問題なく操作するために必要です。真空バルブを使用することにより、プロセスをより安全にし、問題を回避できます。バルブには、ソレノイドバルブ、チェックバルブ、感知バルブおよびその他のタイプなどさまざまなタイプがあります。

ソレノイドバルブは電気信号により制御されます。ソレノイドバルブには、直接制御されるタイプと空圧パイロット制御のタイプがあります。

チェックバルブは通過するエアの体積流量により制御されます。体積流量があらかじめ設定された値を超えると、バルブが自動的に閉じます。チェックバルブは部分的にしか覆われていない吸着パッドを非アクティブ化してシステムの真空を維持するために使用されます。

流動抵抗は真空システムのセクション間のエリアを削減します。これは多孔質素材を搬送する際に利点になります。 感知バルブは、吸着パッドがワークと接触していることをバルブが感知すると、真空を吸着パッドに適用するために使用されます。

真空バルブに関する詳細情報

オンラインショップで真空バルブを注文する